学校法人丸の内学園について

ごあいさつ

学校長 境 幸一

 本校は1941年の創立以来、半世紀以上にわたり専門教育を行い、多くの卒業生を輩出してまいりました。その卒業生の多くが社会の様々な分野で活躍しております。このような卒業生の活躍により本校の教育の確かさはこれまで高く評価されてまいりました。

 さて、皆さんにはそれぞれすばらしい人生があります。その人生をどのように送るのかも皆さんが決めることです。ただ、自分の人生を考える中で感じてほしいのが、時代や社会が変わっても常に「人の力」が求められているということです。福祉という分野はこれからの時代、特に「人の力」が求められる分野の一つであります。福祉の知識や技術を身につけただけでなく、思いやりの心を持った心優しい人が求められています。皆さんの力を役立ててみませんか?

 本校では、知識や技術だけの教育ではなく、人間教育、社会で求められる人間の育成を大切にしております。時代や社会が変わっても人に求められるものに変化はありません。 本校では自分を磨きたいそしてその力を社会に役立てたい、そんな熱意のある方の入学をお待ちしています。

学園の特色

学園の創立は昭和16年(1941年)。すでに70年以上の歴史と実績を誇ります。

高齢社会の中でますます注目される福祉の分野。本学園は愛知県より指定を受けたホームヘルパー養成施設として、 また、介護福祉士養成施設として、期待されるマンパワーの養成に取り組んでいます。

学園の沿革

教科 科目
1941年3月 名古屋において最初のドレメ校として創立、服装文化の発展向上を目指し、 名古屋市西区千歳町に開校。名古屋ドレスメーカー女学院として発足。
1976年4月 学校教育法改正に伴い、専修学校として認可。 「名古屋ドレスメーカー専門学校」と改称。
1983年4月 文部省指定校の認可を受ける。向陽台高等学校と技能連携校となる。
1989年4月 単位制高校(普通科被服コース・3ヵ年)に移行する。
1991年3月 創立50周年式典
1995年4月 校名を「名古屋社会福祉・服飾専門学校」に改称。 介護福祉学科(昼間課程)を新設。
1996年4月 高等課程福祉科を新設。
1996年9月 創立55周年記念及び介護福祉学科設立一周年記念行事開催。
1997年11月 福祉科設置一周年記念ヤングオピニオンフェア(中学生の主張)開催。
2001年10月 福祉科設置五周年記念ヤングオピニオンフェア(中学生の主張)開催。
2001年11月 創立60周年記念行事開催。
2002年4月 中部地区で初めての介護福祉学科夜間課程を開設。 学校法人「丸の内学園」、「名古屋福祉・服飾専門学校」と学校名、校名を改称。
2007年4月 校名を「名古屋福祉専門学校」に改称。